癖(くせ)字がアートに変身!

個性の強いまる字、癖(くせ)字等はアート性が高くそのお手伝いをします。

今日の習作/臨書・九成宮

古典の中で最も好んで書く九成宮・・・それは、造形面では長四角、しかも背勢構成にして胴を引き締めている。スマート、軽快、筋金入りで現代感覚である。 運筆は、起筆を沈着、速い送筆、転折鋭く一画一画緊張の連続、書くにあたっては座を正し、精神を筆端に集中させる。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。